夜のヨガを行う時間帯は効果的なのは?

皆さんは夜のヨガはどのように行っていますか?
夜にヨガを行う場合自宅やヨガスタジオに通う方も多いかと思います。
そこで今回は、夜のヨガについてスカイグループ株式会社が解説していきたいと思います。

Free-Photos / Pixabay

夜のヨガを行うためのポイント

ヨガの効果が一番効果に出やすいのが、ご飯を食べる前の空腹時です。
満腹のままヨガを行うと内臓に大変負担がかかってしまいます。
そのため、夜にヨガを行う場合は夕食を食べる前、または夕食から約2時間程度時間を置いてから行うようにしましょう。

ヨガスタジオへ通っている方は夕食を食べる前、または軽食のみで行きましょう。
ヨガを行った後に食事を取る場合も、少し時間を置かなければいけないため、時間や予定を身ながら行ってください。

食事の時間帯とヨガ

ヨガは体の筋肉や関節を柔らかくするだけではなく、体を伸縮することで、内臓を活発にする効果があります。
ヨガを行う前に食事を取ってしまうと内臓に負担がかかってしまい具合が悪くなる場合があります。
それに満腹状態でのヨガは集中力を欠いてしまうためオススメしません。

夜のヨガでは、夕方から夜の9時ごろが昼食から時間もたっているのでヨガをするには1番適している時間帯とされています。
そのため夜にヨガを行う場合は夕飯や就寝時間を見て行いましょう。

夜に行うヨガの効果とは?

ヨガには時間帯によって得られる効果が異なります。
ヨガのどのような効果を期待するかによって選びましょう。
夜に行うヨガの効果は一日の疲れを癒し、体をほぐす効果があります。
この効果に伴い、就寝時間に合わせて自律神経を整えることが重要です。
ゆっくりと体を動かし体を温め、リラックスした状態で睡眠できるよう、夜ヨガを取り入れた生活をしてみましょう。