ヨガの効果を最も得やすい時間帯とは?

皆さんはヨガを行う時度の時間帯に行っていますか?
どの時間帯に行っても効果は同じと思われますが、ヨガを行うことによって最も効果を得られる時間帯があります。
結論から言うと、それは「朝」と、「夜」になります。
しかし一番重要なことは、継続できる時間帯です。
今回はヨガを行う時間帯について、スカイグループ株式会社が解説していきたいと思います。

StockSnap / Pixabay

ヨガを行う時間で効果はどのように変わるのか?

朝も夜もヨガを行うことにより、リラックスができることには変わりありません。
しかし朝は日光を浴びながらヨガを行うことで、体がスッキリと目覚めることができます。
目覚めてすぐに行うヨガは身体の血行が良くなるため、軽く動かしやすい身体にすることができます。
夜は体と心を落ち着かせ、眠りにつきやすくなると言われています。
1日の疲れをほぐし頭の中を空にしながらポーズを取ることで癒しを得ることができます。
もちろん朝と夜以外の時間帯にも他の効果が得られます。
時間が取れるお昼はじっくり行うことができるので効果を得ることができます。
お昼は身体の活動が活発になるため、ダイエット効果も期待できます。

食事の前後でどちらの方が効果が出やすい?

ヨガは食事の前に行うことで効果を最大に引き出すことができます。
中には勘違いをして食事を取った分、体を動かそうと食後すぐにヨガしてしまいがちですが、これはやめましょう。
なぜなら、気分が悪くなってしまうことがあるからです。
食後にヨガを行う場合は、食事から約2時間程度時間を置いてから行うようにしましょう。

基本的にはどの時間帯にも様々な効果が見られます。
スカイグループ株式会社が橋ポーズのヨガに関して一番重要だと思っているのは「継続的行う」という事です。