陣痛時はヨガの呼吸法で乗り切る!

美容と健康ために行うヨガですが、ヨガの種類にはマタニティヨガと言いう種類もあります。
マタニティヨガは、妊娠中はもちろん出産後にも効果があります。
お産の時に痛みや苦しさを和らげる方法として呼吸法が大切になってきますが、妊娠中からヨガを習い呼吸法をマスターすることで、お産もスムーズに行うことができるでしょう。
お産の時は、痛みや不安でどうしても呼吸が浅く早くなってしまいがちで、こうした緊張が続くことでパニックになったりお産に時間がかかってしまうこともあるのでヨガの呼吸法を身につけリラックスしながらお産ができるようにしましょう。

陣痛に効果的?

お産の時にヨガの呼吸法を取り入れることで。リラックス効果を得ることができます。
呼吸を意識することで気持ちを落ちつけることができるのです。
気持ちが落ち着くと体の緊張がほぐれることから、産道も開きお安くなり赤ちゃんも出てきやすくなります。

陣痛時の呼吸法

陣痛の時に多く行われている呼吸法にラマーズ法やソフロロジーの呼吸法があります。
一般的に良く聞く「ヒッヒッフー」の呼吸法がラマーズ法です。
ラマーズ法をすることで緊張や不安を取り除く効果が得られます・
ソフロロジーの呼吸法は、心身を安定させる効果があり、陣痛に合わせて息をゆっくり長く吐きます。
お産は、体力を消耗しやすいです。
呼吸法を取り入れるこで少しでも体力を使わずにお産を行うことができ、出産後の回復促進にも効果があります。

お産の時はどうしても不安と緊張で押しつぶされそうになってしまいます。
妊娠中に呼吸法を練習しておくことで、本番の時もスムーズに呼吸法を取り入れことができるでしょう。
完全に呼吸法をマスターしていない場合でも、練習していた分だけ上手に呼吸法を行いうことができるはずです。
自分と赤ちゃんが無事に出産を終えることができるためにも、体調に合わせてヨガの呼吸法を身につけておくようにしましょう。
リラックスしながらの出産は、切開を必要としないケースも多いので体への負担も軽減させることができます。