ヨガの呼吸法は短時間でも効果を実感。続けることが大切。

ヨガは呼吸法を身につけることで、体にも良い影響を与えることができます。
呼吸を意識して行うことで様々な効果を得ることができるので、疲れやストレスが溜まっている実感のあるか方はヨガを取り入れてみるとよいでしょう。

短時間でも大丈夫?

ヨガの効果は、継続して行うことでより大きな効果を得ることが可能です。
例え10~15分と短い時間であっても毎日続けることで、気持ちも落ち着くようになりストレス改善にもつながります。
深くゆっくりとした呼吸を意識することで、血行促進効果や代謝アップ効果を得ることができ、痩せやすい体質へと変えることも可能です。
まずは呼吸法を習得し、次にポーズを付けていくなど自分のペースに合わせてヨガを取り入れるのがおすすめです。

呼吸法で得られる効果

呼吸法を意識することで肺や横隔膜を刺激し動きを良くしてくれるので、免疫力アップや疲れにくい体に変えたり、冷え性、生理不順、精神の安定などの効果が得られます。
呼吸は自律神経と密接な関係にあり、呼吸が浅くなると自律神経も乱れがちになります。
ヨガでは腹式呼吸を行うため、呼吸の速さも深くゆっくりになりリラックス状態へと導いてくれます。
また、深い呼吸を一定のリズムで行うことでセロトニンという物質が脳から分泌されます
このセロトニンには、イライラを沈ませたりストレスを軽減してくれる効果もあります。

ヨガを行う時に注意すること

ヨガは呼吸法とポーズがワンセットになっています。
ポーズに集中してしまうと息を止めてしまいがちになるので呼吸を止めないようにしましょう。
ヨガは空腹時に行う方が効果が高いです。
食後2時間程度は避けるようにしましょう。
また、リラックスしたいtいう目的をもってヨガを行う人も多くいます。
そのため、正しいポーズをしようと張り切るのは構いませんが、無理をして体を傷めてしまったりポーズや呼吸法がうまくいかないとストレスをためてしまっては意味がありません。
最初は少しずつでいいのでリラックスして楽しみながらヨガを行うようにしましょう。