ヨガの呼吸法「止息」にはどんな効果がある?

呼吸は自律神経によってコントロールされています。
意識して呼吸をすることで、集中力高める効果やリラックス効果を得ることができ、自分の心をコントロールすることも可能となります。
ヨガに呼吸法に「止息」というものがありこの「止息」を身につけることで呼吸や心をコントロールできるようになります。

「止息」の効果

「止息」の方法はさまざまですが、「止息」の呼吸法を行うことで意識的に呼吸をコントロールすることができます。
ストレスから解放される効果もあるのでストレスを感じている時ほど「止息」を意識して行うのがおすすめです。
「止息」で息を止めている時間が長いと逆に体への負担が大きくなってしまいます。
自分のペースで無理なく行うようにしましょう。

呼吸と心の関係

集中力を高めたいと思っている時は、無意識のうちに自分で呼吸を止めています。
普段の生活の中で呼吸を意識して行うことは少ないと思いますが、この呼吸によって交感神経や副交感神経は刺激されていあm酢。
緊張すると呼吸が浅くなり、驚いたときには呼吸が止まったり短く息を吸ったりします。
こうした呼吸によって、ストレスを感じ取り交感神経が刺激されているためでもあります。
ストレスを感じている時に多いため息は、交感神経への刺激を抑えストレスから解放されたいと感じて無意識に大きくゆっくりとした呼吸をして副交感神経を刺激するように働きかけているのです。
常に、ゆっくりとした呼吸をこころがけることができれば、ストレスも軽減することができるでしょう。

呼吸は浅くないですか?

浅い呼吸が続くと、イライラや集中力の低下、不眠症、冷え性、自立神経の乱れなどの影響が出てきます。
呼吸は、心と密接な関係を持っているのでストレスや不安によって呼吸も乱れて浅くなってしまいます。
呼吸が浅くなると体内に取り入れることのできる酸素の量も少なくなってしまいます。
特に脳は多くの酸素を必要としますので酸素不足がつづくと集中力の低下やぼんやりすいるなどの症状が出てしまいます。