ヨガで頭痛解消!

ヨガは、心身ともにリラックスさせる効果があります。
ストレスが原因の頭痛や緊張性頭痛、偏頭痛などの症状にも効果を期待することができます。
アメリカでは、頭痛の解消にヨガを取り入れる人もたくさんいて、ヨガによって偏頭痛の解消や痛みの軽減などの報告も確認されているほどです。

ヨガでセロトニンの減少を抑制

セロトニンは、頭痛を引き起こす原因の1つだといわれています。
リラックスしている時に出る脳内物質であるセロトニンは、心身ともに穏やかな時に多く分泌されます。
しかし、ストレスを感じたりすることでセロトニンが減少し、頭痛を引き起こしてしまうのです。
また、ストレスと深い関係があるコルチゾールというストレスホルモンが増えると、セロトニンのサイクルを妨害してしまいます。
そのような徐遺体の時に、ヨガを行うと心身ともにリラックスすることができるので、セロトニンの分泌も活発になり、頭痛を軽減する効果が期待できます。

ヨガのポーズで脳を活性化

ヨガの呼吸法を実践すると、新鮮な酸素が脳に送りこまれます。
そのため、脳の働きが活性化します。
そして、リラックス効果も期待できるので、セロトニンが分泌され、体の緊張もほぐれていきます。
首や肩などがほぐれると血行が良くなるので、頭痛の改善にも効果的だと言えるのです。
ヨガを実践することで、健康的に頭痛改善を見込めます。

頭痛にはウッタナーサナのポーズ

ウッタナーサナのポーズは、立位前屈のポーズです。
ポーズ自体も比較的簡単なので、手軽に実践することができます。
また、ウッタナーサナのポーズは、頭痛改善だけではなく、太ももにも刺激を与えてくれるポーズです。
・足の裏をしっかりと床に着けて立ち、膝を軽く曲げる。
・その状態で体を前屈させ、両手で両足を抱き、ゆっくりと膝を伸ばしながら、上半身も伸ばす。
・前屈をするときは、ゆっくりと息を吐き、少しずつ前屈を深めるように意識する。
・30秒から1分間前屈の姿勢をキープする事で、脳に新鮮な血液が流れ、血流のバランスを正常にして頭痛を改善する効果が期待できる。