Q:常温ヨガとホットヨガの違いは?

ヨガには、常温ヨガとホットヨガというものがありますが、いまいち違いが分かりません。
この2つのヨガの違いを教えてください。

A
常温ヨガとホットヨガは、デトックス効果や筋トレ効果が異なるので、目的によって使い分ける必要があります。

【常温ヨガ】
常温ヨガは、自分自身の中から熱を生みだします。
しっかりと呼吸法を意識することで、筋肉を成長させることができます。
常温ヨガの中でも、ヴィンヤサヨガやフローヨガは、呼吸法とともに動き続けるので、上手に筋肉を動かすことができると大量の汗をかくことになります。
この時に成長する筋肉は遅筋と呼ばれる細くてしなやかさのある筋肉です。
そのため、筋肉ムキムキになるのではなく、女性に必要な筋肉なのです。
また、常温ヨガは呼吸法や瞑想を一緒に実践するので、毎日を穏やかに過ごすためのサポートにもなります。

【ホットヨガ】
ホットヨガは、ヒーターや岩盤などで温めて、汗を大量にかくような環境で行います。
体が温まるまでの時間が短いので、ふだんよりすんなり体を動かせるようになります。
また、むくみがひどい方の場合は、体内から余計な水分が出ていくので、すっきりできるはずです。
普段運動不足な方や冷え性がひどい方は、まずホットヨガから始めてみるのもよいでしょう。
しかし、そのような環境でヨガを行うと常温で行うよりも血行が良くなっているため、心臓より頭の位置が下になるポーズは行わない場合が多くあります。
なぜなら、のぼせやすくなったり、立ちくらみが起きやすくなってしまうからです。
他にも、汗で滑りやすくなっているので、バランスを重視するようなポーズも危険が伴う可能性が多いので行わない場合があります。

・使い分けることで効果的にデトックス

常温ヨガとホットヨガを上手に使い分けることで、効果的にデトックスをすることができます。
汗をかいてすっきりしたい時はホットヨガ、筋肉を成長させたい場合は常温ヨガを実践し、心身ともに健康な状態を保つことができるはずです。