腰痛の原因は体の身体の硬さ?腰痛の改善方法

腰痛に悩んでいる人の多くは、姿勢が悪かったり、長時間同じ姿勢で生活したりしている人のようです。
どうしてこのような生活だと腰痛が発生するのでしょうか。
そして辛い腰痛を軽減させるためにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、腰痛の原因や予防方法など、腰痛に悩むことがない生活が送れるためにすべきことをお伝えします。

腰痛の原因は?

腰痛の原因は、生活習慣にあると言われています。
以下のような人は腰へ負担がかかっている可能性があるので、生活習慣を見直してみることをおすすめします。

・気が付くと猫背になっている人
・靴底の外側の減り具合が左右で異なる人
・あまり歩かない人
・椅子に座るときは必ず足を組む人
・重い荷物を運ぶ機会が多い人
・長時間同じ姿勢で過ごす人

腰痛に効果があるヨガのポーズ

最近では、腰痛改善のためにヨガを取り入れる人も増えています。
ヨガは体への負担が少なく、老若男女誰でもできるので、気軽に取り入れることができます。
ここでは、腰痛改善が期待できるポーズを2つ紹介します。

・チャイルドポーズ

①四つん這いになり、手を肩幅に、足を腰幅くらいに広げます。
②息を吐きながら、お尻をかかとの上に下ろします。
③手をできるだけ前に伸ばし、上半身を前に倒しながら力を抜いていきます。
④この体勢のまま1分間ゆっくりと呼吸をしましょう。
⑤息を吐きながらゆっくりと体を起こします。

・ダウンドックのポーズ

①四つん這いになり、手と足を肩幅くらいに広げます。
②息を吐きながら、ひざがまっすぐ伸びるまえおしりを高く持ち上げていきます。
③腰を引いた状態で10秒キープします。
④息を吐きながら元の状態に戻しましょう。

ヨガをする時は、ゆったりとしたご機器と呼吸を意識しましょう。
ポーズも痛みを感じないくらいのところまでにします。

普段からできる腰痛予防

ヨガなどを行って腰痛を予防するには、毎日の継続が必要です。
無理に時間を作らなくても、自分のできる範囲で続けることが大切になっていきます。
また、おなかに力を入れて背筋を伸ばす意識をすることで、腹筋や背筋が鍛えられるので、いつでもできる腰痛予防法になります。