ビクラムヨガが心身に与える効果はどんなもの?

「ビクラムヨガ」を知っていますか?
高温多湿の場所で行うヨガのことで、ヨガが誕生した地でもあるインドの気候に合わせていることで、様々な効果を得ることができるのです。
そんなビクラムヨガが心身に与える影響にはどんな効果があるのでしょうか?
ご紹介していきましょう。

■環境の質が高いことで得られる効果

インドのカルカッタで誕生したビクラムヨガは、室温が平均40度、湿度は40%以上を保ったスタジオで行われます。
温かい環境なので筋肉も温められて体の柔軟性がアップするのでヨガには適しているのです。
また、高温多湿であることから血液の循環も良くなり、発汗効果がアップすることでデトックス効果も得ることができるのです。
ビクラムヨガは1セット90分のプログラムとなりますが、普通のヨガとは違ってポーズを徹底して行う必要はありません。
自分のペースに沿って行うだけでも、高温多湿の効果によってヨガの高い効果を得ることができます。

■普通のヨガとは違ったレッスン方法

ビクラムヨガはポーズの見本がないことが特徴です。
ヨガと言えば、ポーズに様々な効果があることが特徴ですが、ポーズの見本があることで意識が見本に向いてしまい、無意識で姿勢を歪めてしまうのです。
ビクラムヨガは、見本がなくポーズが言葉だけで伝えられます。
なので、鏡に映る自分自身だけを見ることとなるので、より集中しやすくなるのです。
また、ビクラムヨガのプログラムは世界共通となっています。
26のポーズと2つの呼吸法によってヨガの効果を得ることができますが、最終目標としては健康を手に入れることになります。

■ビクラムヨガを行うにあたっての注意点

ビクラムヨガは、水分補給に注意点があります。
プログラムの90分間の最初の25分間は体を温めるために水分を摂取しません。
その後は自由に摂取することが可能ですが、ストレスを感じたら自由に休むことができます。
レッスンの前にはしっかりと水分補給し、ビクラムヨガに臨むことで高い効果を得られるでしょう。