ナーディで集中力を高めよう!

数多くあるヨガ呼吸の中でナーディという方法があります。
このナーディは、片方の鼻ずつ交互に呼吸をしていくものです。
片鼻呼吸をする事によって、自律神経の乱れを正常にしたり、睡眠の質を高めるなどの効果を期待できます。
様々な効果を期待できるナーディについて紹介します。

■意外と簡単なナーディ

片方ずつの鼻呼吸…難しくてできないと最初から諦めてしまいがちですが実は非常に簡単です。
コツとしては、自分の手を使い片方の鼻を抑えながら呼吸をする事で簡単に行う事ができます。
この方法で呼吸をする事で、自分のタイミングで呼吸ができますし、自由にコントロールが可能になります。

ナーディは、仕事に集中できない、頭の中がモヤモヤしてすっきりしない時におすすめです。

片鼻呼吸のメリット

・血液の循環が良くなる
交互に鼻呼吸をする事で、血管の拡張ができます。
これによって、全身に血液を巡らせる事ができ美容への効果を期待する事ができます。

・質のいい睡眠ができる
呼吸法を整える事で、ストレスを軽くする事ができます。
基本的に、右の鼻の場合交感神経、左の鼻の場合は副交感神経を活発にする事ができるので、気持ちを落ち着かせゆっくりとした睡眠がとれるようになります。

・ぼんやりしている脳を活発に
片鼻呼吸をする事で、モヤモヤ、ぼんやりしている脳みそを活発にする事ができます。
最近仕事がはかどらない…そんなときに試してみましょう。

■正しい方法で効果大

どんなに良い効果を期待できるナーディでも、正しい方法で行わなければ効果が半減してしまいます。
一番重要になる事は、姿勢です。
猫背だったり、前かがみになっていたりすると、ちゃんとした呼吸をする事ができない為、効果も薄くなります。
ですので、最低でも正しい姿勢は守るようにしましょう。